JUNTENBIO

VISION

株式会社JUNTEN BIOは、
順天堂大学の研究シーズを基盤として
設立した順天堂大学発の
バイオベンチャー企業です。
日本発の新たな細胞治療の実現を目指して、
世界の医療への貢献を果たします。

ABOUT US

順天堂大学の研究シーズを基盤として、生体内の免疫拒絶反応のメカニズムの解明の研究を進めてきた結果、誘導型抑制性T細胞の作製に成功しました。この誘導型抑制性T細胞による治療により、免疫寛容誘導(免疫抑制剤からの離脱)の実現を目指します。現在、誘導型抑制性T細胞を用いて生体肝移植における特異的に免疫を抑制する細胞治療として治験を実施しています。

R&D

誘導型抑制性T細胞は、
患者様へ移植された臓器に
特異的
に拒絶反応を抑える。

・生体肝移植、生体肝移植の晩期(移植された後の時期)、
脳死肝移植への細胞治療としての細胞医薬品の開発

・生体腎移植への細胞治療および
抗体医薬品の開発

NEWS

新着情報

2020.09.04

共同研究先の順天堂大学にて、医師主導治験を開始致します。

詳細については下記リンクをご確認下さい。
順天堂大学プレスリリース
https://www.juntendo.ac.jp/news/20200904-01.html

2020.07.15

当社が順天堂大学と開発中の誘導型抑制性T細胞JB-101が、厚生労働省「先駆け審査指定制度」の対象品目に指定されました。

詳細はこちらをご参照ください

more
TOP